要旨

福島原発事故避難・帰還・居住者の生活と環境変化

アクションリサーチ

当調査は、東電福島原発事故により、2011年4月に決定された避難区域に認定されなかった区域から避難・移住した方々、諸般の理由で一旦避難した後、帰還なさった方々、避難を検討したものの、様々な理由で、避難せず住み続けている方々の経験や生活を聞き、記録にとどめることを目的にしている。メディア報道などが減少し、被災者の現実の風化が進む中、事故はまだ終わっていないこと、事故が原因で人生が激変した方々の生活は依然として苦しく、将来の見通しは何らついていないことを、世界の人々に知ってもらうこと、また、当調査の結果を、数あるデータの一部として残し、将来の被災者の権利保障の運動に役立てることがこの研究調査の最大の目的である。

Résumé

Le projet DILEM ("déplacés et indécis livrés à eux-mêmes") est un projet de recherche-action consacré aux zones grises de l’après accident nucléaire de mars 2011 au Japon, contaminées ou soupçonnées de l’être. Il répond à un besoin urgent d’analyser une situation exceptionnelle et éphémère lorsqu’un territoire qui a été contaminé par un accident nucléaire semble pouvoir basculer, soit vers l’abandon et le confinement, soit vers la tentative de revitalisation et de réintégration.

Dilem RSS を購読